木彫り鑿(ノミ のみ) 彫刻鑿 正道作 通販 販売

お問い合せはお気軽に!イツモ高圧株式会社 TEL:0288-21-0667 FAX:0288-22-6155  e-mail info@kanna-ya.net

トップページ木彫り鑿 彫刻鑿 正道作 

木彫り鑿 彫刻鑿 正道作

 

荒彫りから仕上げ彫りまで欠かすことが出来ない木彫り鑿は、その数も限りなく、作家自らも他の作家が考案した道具を模索します。「鉋や寸八」の刃物は越後鍛冶が伝統文化を継承した技が生み出した木彫り鑿で、木彫り作家の究極の力になる由縁です。荒彫り用は刃物が厚く、柄の先端を保護するために桂(頭冠)をはめてある代表的な彫刻鑿です。
鑿の鋼は、日立金属株の安来鋼白紙一号、砥石に乗り易く微妙な切れ味を生み出す純枠な鋼を使用し鍛錬精製したものです。
柄の入れ替え(銘木の柄に入れ替え、通常の入れ替え)もお受けしますお問合せ下さい。
途中鑿が折れても直しが利きます、「鉋や寸八」の商品でなくともお受けいたしますのでお気軽にお問合せ下さい。
彫刻鑿は、技に必要な角度のご要望にもお答えしますお問合せ下さい。

 

鑿の刃先幅表示:和道具(鉋、鑿等)は、大工道具として生まれ、鑿の刃先幅(穂先を含む)は元来概ねサイズです。プレス商品ではなく、すべて鍛冶屋さんによる手作りですので予めご理解下さい。表示未満サイズを希望される場合はお問合せ下さい。
本刃付きとは、丸鑿のような刃裏は平鑿のように裏を押すことはできません。刃研ぎをして刃返りを取っただけの裏ですが直ぐに使うことが出来る状態です。

 

外丸豆砥石(天然砥石、人造砥石)は、こちら

内丸鉋刃、木彫り鑿、彫刻鑿、彫刻刃外丸の刃裏用砥石(中研ぎ用は人造砥石、仕上げ砥は天然砥石)です。内丸鉋刃あるいは木彫り鑿、彫刻鑿、彫刻刃外丸の刃裏研ぎは、普通の砥石を利用してサイズを小さくし、自分の刃物に合ったR面に加工して使用しております。この砥石はR加工が付されたうえ小さく抜群に研ぎやすい砥石です、大きな砥石を切り落とすなどせず、R面加工もせずに使用できます。サイズも3mm(R10)〜30mm(R80)までの9種類の中砥、仕上げ砥と取り揃えてあります。

超お薦め!他の刃物用の豆砥として利用できます。

 

木彫鑿(彫刻鑿) 極淺丸 正道作はこちら
3mm〜42mm
彫刻用丸鑿は、内側に鋼の付いた極淺丸、淺丸、内丸、深丸、極深丸の他に、外側に鋼の付いた外丸鑿などがあります。丸鑿のRや幅が 彫り跡になるので種類も多くなります。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 淺丸 正道作はこちら
3mm〜42mm
丸鑿の用途は彫刻する表面の凸凹はもちろん、外側の曲線を彫るに多く使いますが、大工鑿の用に刃裏を基準に使うのではなく、刃裏、刃表など自在に使います。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 内丸 正道作はこちら
3mm〜42mm
刃が丸くRになって刃裏が凸状にカーブしています。凹面の内側に鋼が付いているので内丸鑿と呼びますが、凹面のRが一番ゆるいのが極淺丸と呼びます。主に溝などを彫りますが。丸鑿はその形を生みだす、手仕事の贅沢な大きな役割を果たしております。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿)深丸 正道作はこちら
3mm〜42mm
丸鑿の刃研ぎは練習次第で平らな砥石でも研げる用になりますので練習をして下さい。溝の付いた砥石ですと多くの種類が必要になります。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 極深丸 正道作はこちら
3mm〜42mm
極深丸は彫刻鑿で一番深い半丸のRになります。Rは統一されておりませんので、ご希望のRを、お求めの時は、木の板かボール紙の上にお使いの鑿のRを押し付けて、御注文ください。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 平刃 正道作はこちら
平ノミ 3mm〜42mm
刃が水平で刃裏が平面、表に耳があります。 大まかな彫刻や平面、垂直、直線に用います。他に刃先が蛤型に研ぎ直し使う場合があります。刃が水平ですと耳の角の部分に出来る筋を止める為。見覚えのある技術を再生する楽しみが木彫りには有ります。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿)外丸 正道作はこちら
外丸ノミ 3mm〜42mm
刃先は丸いRで刃裏が凹状にカーブしています。刃裏の凸に鋼が付いているものを外丸鑿と呼びます。 主に垂直に凹面を彫り込みますが内丸鑿のようなしゃくる事は出来ません。外丸は内丸程にRの種類は揃っておりませんが、ご希望で製作は可能ですので御相談下さい。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿)浅丸匙 正道作はこちら
浅丸匙鑿 3mm〜42mm
首の曲がっている内丸鑿。 内丸鑿を使用できない奥深い曲面を彫り、さらに彫刻を浮き上がらせる極めつけの鑿です。手仕事が見直されるなか、器なのどの底をしゃくる場合にも多く使われています。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿)丸匙 正道作はこちら
丸匙鑿 3mm〜42mm
首の曲がっている内丸鑿。 内丸鑿を使用できない奥深い曲面を彫り、さらに彫刻を浮き上がらせる極めつけの鑿です。手仕事が見直されるなか、器なのどの底をしゃくる場合にも多く使われています。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 外丸匙 正道作はこちら
3mm〜42mm
外丸鑿とは外鋼になります。外丸は曲線に沿った直線的な彫刻に向いております。刃は抉り刃研ぎになっておりますので、鑿専用の砥石が必要になります。匙鑿には、決鑿(平鑿)の首の曲がったものと内丸鑿と外丸鑿の首の曲がったものがあります。この匙鑿は普通の彫刻鑿が使えないような部分を刻むのに使う特殊な鑿になります。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿 平匙 正道作はこちら
3mm〜42mm
匙鑿には、決鑿(平鑿)の首の曲がったものと丸鑿の首の曲がったものがあります。この匙鑿は普通の彫刻鑿が使えないような部分を刻むのに使う特殊な鑿になります。
日立金属株の安来鋼 白紙一号(砥石に乗り易く微妙な切れ味を生み出す純枠な鋼)使い鍛錬精製したものです。木彫のみは主に荒彫りにつかわれ玄翁か木槌などで叩くので叩き鑿とも呼ばれている。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm

木彫鑿(彫刻鑿) 三角 正道作はこちら
3mm〜18mm
三角の角度は60度です。他45度、90度、外鋼三角なども特注で御注文出来ます。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 曲がり三角 正道作はこちら
6mm〜15mm
曲は特注になりますが、他に底丸三角なども出来ます。三角の角度は60度です。他45度、90度、外鋼三角なども特注で御注文出来ます。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

木彫鑿(彫刻鑿) 箱鑿 正道作はこちら
箱鑿 12mm〜42mm
平鑿の両耳が直角に曲がって箱形になっています。 木目に逆らわない様に彫り込むときに用います。主に荒落とし。木には必ず順目と逆目があります。目に逆らう事はできません。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿!

 

木彫鑿(彫刻鑿) 耳上り 正道作はこちら
甲丸鑿 12mm〜42mm
平鑿ノミの耳を丸めて刃先が円孔状になっています。主に荒落とし。意外に思われるかもしれませんが、荒彫りはベテランの職人が仕掛けます。
赤樫柄手打桂で鑢掻不要
全長190mm〜230mm柄長125mm/本刃付きで直ぐに使える彫刻鑿! 

 

トップページ鑿(ノミ のみ) 

Copyright (c) 2008-2009 イツモ高圧株式会社  All rights reserved.