金四郎作 毛引き

お問い合せはお気軽に!イツモ高圧株式会社 TEL:0288-21-0667 FAX:0288-22-6155  e-mail info@kanna-ya.net

トップページ

金四郎作 毛引き

 

鎌毛引きは一種の筋毛引きで、毛引きは墨付け作業において、小口及び木端を基準に平行な線を繰り返し引くことができるので、ホゾの墨付けやホゾ穴の墨付けに多く使用されています。

金四郎 鎌毛引き(左右)
鎌毛引き二丁引き小、鎌毛引き二丁引き大、鎌毛引き巾広二丁引き小、鎌毛引き巾広二丁引き大、鎌毛引き極巾広二丁引き大
ノギス鎌毛引き(右)
ノギス鎌毛引き小、ノギス鎌毛引き大

 

金四郎作 鎌毛引きは、こちら

一度使ったら使いのよさがはっきりと解る「金四郎作 毛引き」。金四郎を知らない人は「なぜ高い!」。最大の特徴は「刃が滑るようにスムーズに動きます!」
鎌毛引きは一種の筋毛引きで、これは鉄製の棹(さお)の先端を折り曲げて毛引き刃にし、作り棹はさらに木製の引樋型の棹溝の中に仕込まれるようになっています。毛引き刃の距離を調整するには、定規板の上部に取り付けた止めネジによって棹を固定します。鎌毛引き(2丁引き)はホゾ毛引きとして、二線を同時に毛引きすることもできます。

ノギス 鎌毛引きは、こちら

超お薦め!ノギス目盛り1mm以下(0.00mm単位)を「簡単正確」に合わせることのできる毛引き。
元来の毛引きは、寸法を合わせながら固定するという馴れが必要でした。ノギス鎌毛引きはノギスと同じ使い方ですので、サイズ違いを繰り返しても簡単正確に使用できます。和道具をさらに「使いやすく」と生まれた道具です。
刃は包春作 安来鋼白紙1号、竿(ノギス)はマツイ精密工業(株)製、高精度仕上げ。

型変り刃物「 鎌毛引きの刃 」は、こちら

毛引きにこだわる、道具にこだわる。本職も本職でない方も、1点ものの手道具として自分の手で毛引きを作る。あたえする型変り刃物「鎌毛引き」は超一級品でなければならない。鎌毛引きの刃といえば、鍛冶屋「河正」の作る型変り刃物「鎌毛引き」だろう。なかなか入手できない逸品の鎌毛引きの刃です。通産大臣指定伝統的工芸品である、越後与板刃物を製造する河政(三代目河野 稔師)刃物は、鍛冶職人の名人を目指すのではなく、ものを作る最高の道具として刃物を作り続けたい。との信念から生まれる「河政 鎌毛引き」。

トップページ

Copyright (c) 2008-2009 イツモ高圧株式会社  All rights reserved.