(カンナ)の研ぎ方

お問い合せはお気軽に!イツモ高圧株式会社 TEL:0288-21-0667 FAX:0288-22-6155  e-mail info@kanna-ya.net

トップページ >  鉋の研ぎ方

鉋の研ぎ方

ここで紹介します「鉋刃の研ぎプロテクニック」は、家具工房「猫戯子」さんの、一部のページを掲載させていただいております。「鉋を学ぶ」人達へ、完璧でとても解りやすいご説明ですから、ぜひ参考にして「切れる鉋」をマスターしてください。家具工房「猫戯子」さんの、楽しいHPにぜひお出かけ下さい。 

 

鉋刃の研ぎプロテクニック

さていよいよ勘の研ぎに写りますが,新しい鉋を仕立てるつもりで刃を仕上げていく手順を説明しますのですでに使っている方は途中のどこかから初めて下さい。

1 刃巾を鉋台の刃口巾に合わせる

台の刃口の巾に合わせてグラインダーで刃の端を落とします。すぐに熱を持ちますので,頻繁に水に漬けて冷やしながら行って下さい。

台の刃巾

刃の刃巾


2 裏打ち

刃先をちょっと裏側に曲げて,裏の平らを出し安くする作業です。
げんのうでしのぎ面を叩いていくと刃先が裏側にわずかですがそります。鉋の刃は裏側をまっ直線に仕上げなければなりません。そこで,刃の裏側全体を平らに仕上げるのは難しいので刃の先だけを少し出してそこだけ平らにしようと言う訳です。
げんのうで刃を打つときは細心の注意が必要です。刃先となる鋼は堅くてもろく,ちょっとでもげんのうで叩くと欠けてしまい取り返しが付かなくなります。げんのうは短く持って,軟鉄の部分を慎重に叩きましょう。慣れるまでは軽く叩くようにしましょう。鉋刃は左手にしっかり持って金床(アンビル)の角に当てます。刃物の裏は少しくぼんでいて金床の平らなところではげんのうが当たる部分の真裏に隙間が出来,刃物がバウンドしてしまいます。それで,金床の角で叩くようにします。そして,叩く場所を変えるにはげんのうを移動するのではなく,刃を移動して叩きます。端から端まで均一に叩きましょう。叩き方にむらがあると,鋼がひずんで割れやすくなります。
冬場は鋼が割れやすいので,刃を人肌に暖めてから裏打ちします。

裏打ち

裏打ちの図

 裏打ちの仕上がり

 

 

 

 


3 裏押し

ダイヤモンド砥石の出番です。刃の裏の先端だけが平らになればよいので,必要以上に研ぎすぎないように。すぐに研げます。写真は裏を研ぐときのフォームです。写真では水を付けていませんが,水をたっぷり付けて研いで下さい。あまり力を入れずに軽く研ぎましょう。
糸裏に研げれば,OKです。糸裏とは,刃先が細く糸のようになっていることを言います。
時々,糸裏が無くなっているのに気付かないで刃を研いでしまうことがあります。そうすると刃が凹になっていて正常に鉋がけができません。刃を研ぐ度に確認しましょう。


4 中研ぎ 

さていよいよ,刃の表の研ぎです。研ぐ面のことを「しのぎ」言います。 
 
砥石の用意
まず,中砥石を水に漬けて下さい。しばらくは小さい泡が出ますが,泡が出なくなったらOKです。出来れば中砥石はいつでも研げるように水に漬けておくと良いでしょう。(冬場は凍結に気を付けて)中砥石は水を十分に含ませて,仕上げ砥石は必要な水を指でちょっと付けて研ぐのが基本です。砥石はぐらぐらしないしっかりとしたところへ置きます。

刃の持ち方
刃の持ち方ですが,右手を写真のように構えて,左手を添えて下さい。
次に,しのぎ面が砥石に安定してしていることを確かめます。このとき,裏出しするために叩いた傷でしっかり安定した角度で研げないかもしれませんが,しっかり刃をホールドして下さい。(数回往復するうちに引っかかりが無くなります)

刃先を研ぐ決意
次に刃先だけを研ぐという決意を抱きます。ちょっと面白いのですが此の決意がないと刃先がなかなか研ぎ上がりません。又,此の決意無しに研いでいると軟鉄側ばかり研げて鋼の部分が研げません。そして段々刃先の角度が鋭くなりすぎてしのぎ面が大きくなってきます。これを大切れと言います。
 (柔らかい材料を鉋掛けするには少し大切れに研ぎます。)

研いでみよう
次にゆっくり手前側から押し出します。慣れるまではしのぎ面の密着を確認しながら,ほんとにゆっくり押し出して下さい。ここでいい加減にあわててやっていると,なかなか上手くなりません。ここが鉋の研ぎの最重要な瞬間で,最初が肝心なのです。そして,向こうまで行ったなら刃を持ち上げて手前に戻ってきます。刃を持ち上げるのは,持ち上げないで砥石面をすりながら帰ってくると刃がぐらついて,押す時に平らに研げても帰る時に平らを崩してしまうからです。これは刃を平らに研ぐ大きなポイントです。慣れてくれば持ち上げないでもできるようになります。それまでは我慢我慢,そしてゆっくり。
砥石は全面を使って研ぐようにしましょう。最初は指先に注意することやしのぎ面がぴったり付いていることが気になって,砥石の同じところで研ぎがちですが,砥石は凸凹にならないように全面を使って研ぐのが基本です。
それでも上手く研げないときには,研ぐストロークを半分にしてみましょう。上手く研げない原因のほとんどは,研ぐときに刃がぐらぐらしてしのぎ面が平らに研げないのですが,押すストロークが長いとどうしてもぐらつきがひどくなります。ですからストロークを短くしてぐらつきを防ぎます。その時も砥石は全面を使うようにしましょう。砥石は半分使ったら前後を入れ替えましょう。
水はたっぷり着けてとぎ汁はこぼすように研ぎます。時々水を補給して下さい。研ぎ上がってきましたら今度は水の補給を止めて仕上げます。

砥石の平らの確認
中砥石は2丁使い,裏表が使えますから4面を均一に使いましょう。あまり長く同じ面を使わないようにしましょう。時々4つの面を擦り合わせて砥石の平らを維持しましょう。中砥石を2丁使うのが砥石の平面を保つ手軽な方法です。
砥石の台   
砥石の台は安定するように工夫して下さい,こうしなければならないと言う決まりはありません。

刃先の形
言い忘れましたが,鉋の仕立てには基本的には仕上げ鉋と中しこ鉋の仕立てがあります。仕上げは文字どうり,最後の仕上げをする鉋です。中しこは木の平らを出す鉋です。それで刃もそれぞれの研ぎが幾分違います。
仕上げ鉋は全体的にわずかばかり湾曲するように研ぎ上げます。(初めの内はあまり気にしなくても良いですが)中しこは,端の方だけを少し湾曲させます。とは言ってもちょっと見では分からないくらいです。鉋の調整では,良く髪の毛の太さにたとえますが,それでそれ是れの湾曲の度合いは刃の端で髪の毛2,3本程度です。

研ぎ具合の確認
中砥の仕上がり具合は,刃の裏に中指(中指でなくても良いのですが)を当てて確認します。何か引っかかるような感じであれば研ぎ上がりです。このとき刃全体がそのようになっているか確かめて下さい。初めの内は,左か右が偏って研げるはずです。良く感触を養って均一に研いで下さい。此の引っかかりのことを砥がえり(刃がえりとも言う)と言います。
仕上がりの直線性のチェックはスティール定規で行いましょう。刃物の上に定規を乗せてみて,左右にほんの少し隙間が出来たらOKです。


5 仕上げ研ぎ

中砥石と仕上げ砥石の研ぎ方の基本的な違い
仕上げ砥石の研ぎ方と中砥石の研ぎ方には基本的な違いがあります。中砥石は「落とし研ぎ」と言って水をたくさん含ませ,削り落とされた砥石の粒子を砥石面に貯めないように,又,時々水を補給しながら研ぎます。このように刃物を早く切削するために,中砥石の表面をいつも新しい砥石面にしておきながら研ぎます。しかし,中砥石の仕上がり直前は「貯め研ぎ」と言って給水を止め,とぎ汁をこぼさないように研ぎます。
  落とし研ぎは,絶えず新しい砥石の粒子を補給して刃を早く削りかたちを整えます。一方貯め研ぎは,新しい粒子を補給せず研いでいるうちに粒子が段々小さくなって鏡面に仕上げる作用があります。

仕上げは貯め研ぎ
このような理由から仕上げは貯め研ぎで行います。中砥石とすりあわせて平面が出た仕上げ砥石を使います。最初は乾いている砥石に1,2滴の滴を落とします。ついで裏押しの時の要領で裏を研ぎます。とぎ汁が落ちないように貯め研ぎです。とぎ汁が乾いてきたら水を補給しないでそのまま研ぎ上げます。鏡面に仕上がればOKです。
補給する水が多すぎるとなかなか鏡面になりません。そうなると砥石も刃も平面性が失われていきますので水の掛け過ぎに注意しましょう。手に付いた水が垂れていく場合もあります。
砥石は部分的に使いすぎないよう全面を使いましょう。
裏は必要以上に砥がないようにしましょう。平面性が崩れます。
ついで,又1,2滴程の水を補給してしのぎ面を研ぎます。中砥石のしのぎ面を研ぐのと同じ要領で行って下さい。鏡面に仕上がれば仕上がりです。


6 裏刃研ぎ

裏刃の仕上げは本刃とほとんど同じですが,幾らか違うところを説明します。
裏刃は台の刃口巾と同じですから,刃先左右のグラインダー削りは必要ではありません。
裏押しは,本刃と同じように行って下さい。べた裏になっている場合は本刃と同じように裏打ちして糸裏になるように裏を出します。
決定的な違いは中砥の時に写真のような角度で,3,4回先端を研ぐことです。(二段研ぎ)先端を鈍角にすることによって逆目の出がさらに改善されます。人によっては仕上がりの艶が違うと言ってこれを行わない人もおられるようですが,わたしはこのように仕上げた方が無難だと思っています。
中砥石も仕上げ砥石も本刃をと同じように研げ上げます。先端も仕上げ砥石で仕上げて下さい。


7 裏刃と本刃の合わせ

本刃と裏刃を合わせてぐらつきを調整します。鉋台に刃を入れて裏刃の入りが堅いようでしたら外側に,ゆるいようでしたら内側に,裏刃の刃と反対の角をアンビルの上で叩きます。(仕上げた刃に傷を付けないように。)

以上で研ぎの終わりです

刃の研ぎ具合はどうでしたでしょうか。最初はやることが多くて時間が掛かりますが,一度仕上がってしまえば2,3分で刃を研ぐことが出来ます。どうぞあきらめずに挑戦して下さい。

トップページ >  鉋の研ぎ方

Copyright (c) 2008 イツモ高圧株式会社  All rights reserved.